名古屋市科学館

愛知県名古屋市中区栄の白川公園内にある名古屋市科学館で、100人が入れる専用の部屋で親子共に楽しめる実験ショーが開催されています。二人の博士による実験対決や、大気圧や静電気などの目に見えない物質の仕組みについて分かりやすく、楽しく科学が学べます。
〒460-0008 の周辺地図
※注:大まかなエリア表示で正確位置ではありません
予算はどれぐらい?
定期観覧券:1年間1600円
教室周辺はどんなところ?
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄
 
丸の内駅から近くの場所にある名古屋市科学館には車で行き、近くのコインパーキングに駐車して科学館まで歩きます。料金は後払いで3時間500円、1日打ち切り900円で駐車料金も高くありません。
参考サイト
カテゴリ
幼児教室 体験談
中部 地方にお住まいで、 おんなの子 のお子様の口コミ情報。

満足度

(5.0 / 5)

通った時期

2歳児

何を教えてくれる教室?

理科の実験を見せてくれるサイエンスステージです。幼児教室のように見せていました。平日は科学館も人が少なく、貸切のようにして見ることができる日もあります。平日11時〜、14時〜など時間ごとに開催していて、1回あたり30〜40分くらい。「うかしてとばして大実験」では空気砲を実演してくれる授業は冷たい空気が飛んでくるので興奮していました。
サイエンスステージは幼児が対象ではないので、集中力が切れたら途中で退室します。ただ、科学館はジオラマもあり、ボタンを押すと実演してくれる装置もあり、竜巻ラボや極寒ラボもあり、見どころが多いです。1年間の定期鑑賞券があるので行くほどにお得になります。
また、生命ラボなど先生1人に6人ほどで実験に参加できる授業もあり、そちらにも参加しました。こちらも無料で楽しめます。ただ、こちらは2歳児には少し高度で集中力が途切れてしまいました。
平日は11時〜と14時〜、休日は10時〜11時〜と1時間おきに実演してくれるサイエンスショーです。
時間はうろおぼえですが、ホワイトボードに掲示され、時間前になると館内放送で教えてくれます。
理科にまつわる講義をしてくれ、科学館の人が1人または2人1組で教えてくれます。
時間によって子ども向け、少し高度な小学生向けと内容が違うので、子どもでも理解できそうなものを選んで参加します。
現在は「ハカセ対決・燃焼編」、「ふれふれフレール」、「まわるまわるまわる」、「おば化な実験室」、「うかしてとばして大実験」「みんなのくうき」がやっているみたいです。

効果はどうだった?

2歳児には難易度が高い気がしましたが、サイエンスステージは途中退室もできます。
コミカルな感じで実験を見せてくれるので、案外と2歳でも夢中になって楽しく見ていました。
2人目が産まれて、2人の幼児を連れて外出しなくてはいけない中で、リトミックなどは、教室内で上の子が踊っていても、下の子が泣くと世話をしなくてはいけません。
それが大変でした。
名古屋市科学館は、2人一緒に遊べて夢中になれる施設でした。

その教室ならではの特徴

同世代の子どもがいないので、ママ友づきあいがないのが気楽です。
そのかわり、社会見学の小学生が来ていたりもしていて、話しかけてくれたこともあります。
科学館のおじさんたちも子どもに優しく、2歳だと他の子がいない「平日に」遊びに行けます。
幼児教室とは違うのかもしれませんが、体験型の授業は内容も濃く、親も夢中になるものばかりです。

ならい事をしていた頃の状況や思い出

イヤイヤ期の2歳児ではリトミックなどでは教室で泣き叫んだりもしました。
2人目が産まれて、ちょっとした赤ちゃんがえりも経験して、のびのびと遊ばせることができる施設を探していました。
教室でしっかりみっちりだと、集中力が続かなくてお金のムダだと感じることも多く、「何をさせればいいのか」と模索しているところでした。

振り返って、どうですか?

金額に見合ってると思います?

1年間の定期鑑賞券があるので、行くほどお得に。

もし過去に戻れるとしたら、また通う?

子どもが大好きなのでまた通う

この習い事に点数を付けるとしたら、5点満点で何点?

5.0満点